みんなでまとめ

2012.07.29 SUN 23:51:38   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6

1989

0

ジャケット買いで成功したアルバム

出典:music.tonnel.ru/music/79824...

中身を全く知らなかったのだけれども、ジャケットに惹かれて買ってみるというリスクいっぱいのジャケ買い。失敗例ばかりが聞こえてくるけれども、時には成功することもあるでしょう。
あなたのそんな成功例を教えてください。

ABOUT AUTHOR

表示: | 最新 (6)

In Spe: Typewriter Concerto In D

No.001  投稿者:坂本 理

2012.07.30 MON 00:30:19 通報する  

[ 返信 ]


出典:music.tonnel.ru/music/79824...

ジャケ買いはあまりにもしょっちゅうやっていたので、いちいち記憶していないのですが、これはちょっと印象に残っています。

エストニアのプログレッシヴ・ロック・バンドとしてIn Speの名は知っていましたが、その音楽性は知らず、何となくジャケ買いしてみた所、シンフォニックで時にキュートな音楽でありながら、タイプライターの音が混じり合って、何とも不思議な音楽を作り出していました。

その後、リーダーのAlo Mattiisenのソロ・アルバムを手に入れ、どれほど有能なミュージシャンだったかを思い知らされましたが、1996年に僅か35歳で他界していたことも知り、些か衝撃を受けた次第です。

Linda Ronstadt

No.002  投稿者:Sky High

2012.07.30 MON 00:48:17 通報する  

[ 返信 ]


出典:pds.exblog.jp/pds/1/201004/...

Linda Ronstadt - Hasten Down The Wind

1976年、渋谷のレコードショップ「CISCO」の棚に並んでいたジャケットを見て

迷わず購入。当時の中2の男の子には、これでも充分刺激的でした。

その後、リンダ・ロンシュタットは遡ったり、後のアルバムも聴いていきますが、これが入り口で良かったの一通り聴いてみて思います。


近年リマスター盤が安い価格で出ていてお薦めです。

http://www.amazon.co.jp/風にさらわれた恋-リンダ・ロンシュタット/dp/B004HHAQLK/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1343576732&sr=8-4

Lard Free: Lard Free (Spirale Malax)

No.003  投稿者:坂本 理

2012.08.09 THURS 00:55:45 通報する  

[ 返信 ]


出典:www.covershut.com/covers/La...

思い返せば、このアルバムを手に入れたのもジャケ買いでした。

1977年に発表されたドラマーGilbert Artman率いるフランスのバンドLard Freeの3作目は今聴いても頭抜けた名作アヴァンギャルド・ロック作品だと思います。自分にとってひとつの理想の音楽だと強く惹かれるものがありました。

もし彼らのほかの作品に先に手を出していたら、きっと違う感想を持ったに違いなく、いい出会いだったと思います(共感する人が世界に何人いるかは想像もつきませんが)。

武満徹の音楽2

No.004  投稿者:坂本 理

2012.08.09 THURS 01:15:36 通報する  

[ 返信 ]


出典:coconutsdisk.com/yoyogi/wp-...

そう言えば、これもジャケ買いでした。

現代音楽なんてそれまで手を出したこともなかったのに、どうしてもこのアルバムが欲しくなり、買って聴き浸りました。ミュージック・コンクレート作品集ですが、深く心に沁みつきました。

今にして思うと、もしこれを手に入れていなかったら、今の自分はなかったかも知れないと思うくらい強い影響を受けていますね。

Banjar Teratai Capung: The Road To The Morning ...

No.005  投稿者:坂本 理

2012.08.12 SUN 15:57:48 通報する  

[ 返信 ]


出典:www.kupu2.net/shop/select/c...

Banjar Teratai Capung: The Road To The Morning Of The World

これは究極のジャケ買い。

自分ではなく、奥さんがバリ旅行の土産に買って帰ってくれたものです。CDショップでどれが良いかを念力で選んだ結果、掘り出し物に当たりました。

ワールド・ミュージックと言うかニュー・エイジ・ミュージックなのですが、ロック~プログレッシヴ・ロックを含め色々知っている気配があって、無茶を承知で譬えればPopol Vuh的な感覚が匂って来ます。

おかげで、次にふたりでバリへ行った時はこのグループのアルバムを買い漁ってしまいました。

さすがにジャケ買いしなければ一生出会えない音楽です。

World Standard Schema Mixed By Sunaga T Experience

No.006  投稿者:かっぴ〜

2012.08.23 THURS 16:26:04 通報する  

[ 返信 ]


出典:img.drillspin.com/am/200/S/...

Smooth JazzのCDを探してて、適当にえらんだものがコレ。

イタリアのジャズ・レーベルSCHEMAと須永辰緒によるミックスCDですが、

club jazz的な曲が満載で、10年ほど聴き続けています。

表示: | 最新 (6)

このスレッドへの投稿

投稿者:

残り800文字

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by