みんなでまとめ

2012.07.29 SUN 23:59:20   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6

2025

0

まだCD化されていないロック名盤

出典:img2.photobucket.com/albums...

未だにCD化されていないロックの名盤を挙げてください。
(実はどこかでひっそりCD化されていた、なんてことはあるでしょうが、そう信じているものを挙げてみてください。)

ABOUT AUTHOR

表示: | 最新 (6)

Von Zamla: No Make Up!

No.001  投稿者:坂本 理

2012.07.30 MON 23:19:01 通報する  

[ 返信 ]


出典:3.bp.blogspot.com/_W4BiZDbx...

1983年に発表されたVon Zamlaのセカンド・アルバム。

Samla Mammas MannaもZamla Mammaz Mannaも全部CD化されていますし、Von ZamlaだってファーストはCD化され、極上のライヴ音源まで発掘リリースされているのに、何故かこの傑作だけが取り残されてしまいました。もったいない!

Various Artists: V

No.002  投稿者:坂本 理

2012.07.30 MON 23:32:56 通報する  

[ 返信 ]


出典:img2.photobucket.com/albums...

今さらCD化されるなんてことはないだろうと思いますが、1975年に発表されたVirgin Recordsの記念碑的オムニバス・アルバムの『V』が未CD化です(と思います)。

この2枚組のアルバムに反応するのはカンタベリー・ファンでしょう。アルバム収録曲も勿論収録されていますが、カンタベリー・ファンには見逃せないレア・トラックがあれやこれや。

このまま埋もれてしまうにはもったいないアルバムです。

Julia Downes: Let Sleeping Dogs Lie

No.003  投稿者:坂本 理

2012.08.07 TUE 01:45:03 通報する  

[ 返信 ]


出典:www.mars.dti.ne.jp/~tanig/r...

1983年に発表されたJulia Downesの唯一のアルバム『夢のままに(Let Sleeping Dogs Lie)』。

ロックというより女性シンガー・ソングライターの作品ですが、Kate Bushの影響が濃厚です。おまけに結構珍しいミュージシャンたちがレコーディングに参加してて、中でもCamelのギタリストAndy Latimerの参加は話題になりました。

Tangerine Dream: '70-'80

No.004  投稿者:坂本 理

2012.08.07 TUE 02:15:01 通報する  

[ 返信 ]


出典:www.vinyltribes.com/media/c...

名盤かと言われると少し躊躇いますが、1980年にVirginからリリースされた4枚組のベスト・アルバム。Virgin原盤の曲だけでなく、Ohr時代の作品も含んでセレクトされていて、当時としては相当力の入った内容です。ブックレットにぎっしりと詰まった写真が貴重です。

さらにLP片面分の未発表曲が3曲。Edgar Froese、Chris Franke、Peter Baumannのそれぞれのソロなので微妙な感じもありますが、少なくともメロトロンでリードをとるPeter Baumannの曲は聴く価値あり。

長い歴史を誇るバンドで、現在に至るまでに200枚以上のアルバムがあり、既にベスト盤も数知れず存在していますので、今さらCD化されることはないと思いますので、気になる方は中古レコードを探してみてください。

ナチコ: 薬屋の娘

No.005  投稿者:坂本 理

2012.08.12 SUN 00:57:02 通報する  

[ 返信 ]


出典:www.soundfinder.jp/img/prod...

1980年に発表された日本の新進女性シンガーソングライター、ナチコのデビュー・アルバム。

プリズムのメンバーたちが全面協力して作り上げた本作は、日本の産業音楽シーンの表面からは隠されていたプログレッシヴ・ロックに共鳴するミュージシャンたちの潜在能力を証明するものとなった。

13分に及ぶ"水の炎"は明らかにPink Floydを意識した逸品だ。

3枚のアルバムを残してシーンを離れてしまったナチコの作品はいずれも未CD化。

Ducan Mackay: Score

No.006  投稿者:坂本 理

2012.08.12 SUN 01:33:05 通報する  

[ 返信 ]


出典:991.com/newGallery/Duncan-M...

Cockney Rebel、10ccのキーボード奏者Duncan Mackayの1977年に発表されたソロ・アルバム『Score』が多分まだCD化されていません。John Wettonがプロデュースし、日本盤もリリースされていたのですが、忘れられてしまったままです。プログレッシヴ・ロックとポップの隙間を埋めるようなニッチな内容ながら、バランスのとれた好アルバムです。

元々南アフリカで活動していた彼は1974年に『Chimera』というソロ・アルバムを発表していましたが、そんな激レア作品はCD化されています。さらに1980年にサード・アルバム『Visa』を発表していますが、こちらはデモ風の内容で、当然未CD化です。

その後南アフリカに戻り、Reunionというバンドを結成して活動中。良質のCD作品を発表していますが、残念ながら日本では殆ど出回っていないかも知れません。

表示: | 最新 (6)

このスレッドへの投稿

投稿者:

残り800文字

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by