みんなでまとめ

タグ:

タグを付ける

2013.07.23 TUE 11:05:38   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16

8081

1

【教えて】怖いもの・不思議なもの

出典:d13n9ry8xcpemi.cloudfront.n...

心霊写真、恐怖動画、怖い話、はてまた、ちいさいおっさん伝説などなど。
自分の体験談でも、よそ様の体験談でもかまいません。
ゾゾゾとするようなこと、教えてくらはい

ABOUT AUTHOR

ぼこぼこ家にいることが喜びであり、幸せ

表示: | 最新 (16)

ドッペルゲンガー、ぽいのみた、かもしれない

No.001  投稿者:ぼこぼこ

2013.07.23 TUE 11:27:04 通報する  

[ 返信 ]

自分の体験談。
小学校高学年の頃。一人で横断歩道を渡っていて、向こうからやってきた人とすれ違う瞬間パニックになった。
自分がいる、と。髪型も服装も一緒。え?なに?なんで?自分?ん?
向こうも「何がなんだか分からない」って表情だった。
そのまますれ違って、改めて振り返ったら誰もいなかった。
っていうお決まりのパターン。なんだったのか分からん。
ドッペルゲンガーは3人みたら異次元に連れてかれてしまうらしい。あと2人かぁ。

人間は2種類いるそうです。

No.002  投稿者:袋小路行止

2013.07.23 TUE 12:36:24 通報する  

[ 返信 ]


出典:localfile_a0002_005956.jpg

霊感の強い友達から聞いた話です。
子どもの頃、人間には、2種類の人間がいると思っていたそうです。
1種類は、歩くときに頭が上下する人。もう1種類は、歩くときに頭が動かない人。
そうです、頭が動かない人は、足で歩いていない人です。
渋谷のスクランブル交差点で、行き交う人をじっと見つめてみてください。
ひょっとすると、あなたにも見えるかもしれません。

一度だけみた幻覚

No.003  投稿者:Sky High

2013.07.25 THURS 02:28:08 通報する  

[ 返信 ]


出典:e-coshell.cocolog-nifty.com...

就職して1年目、40時間連続で仕事をしたときの出来事です。どうしてそこに居たのかはもう覚えていないのですが、井の頭線新代田駅の入り口に向かった時に、向こうからくる自転車に乗った10才前後の少年を見ました。そして電車に乗ったところ、同じ少年が既に電車の中にいて驚き、明大前で京王線に乗り換えたら、更にまた同じ少年が乗っていました。それ以来、徹夜をしても30時間以内と決めています。

アメリカ人幽霊

No.004  投稿者:Sky High

2013.07.25 THURS 02:44:28 通報する  

[ 返信 ]


出典:ecx.images-amazon.com/image...

20才の頃、自分の部屋で寝ていたら金縛りにあい、左に老婆の気配を感じたので何とか力を振り絞って右を向いたらこんどはヒッチコックに似た西洋の老人の気配をボンヤリと感じた。クリアな映像ではなかったが「西洋の老人」ということはわかった。そしていつの間にか寝てしまった。

2年後、大学で「英文学特講」という授業でテキストとなった詩集を受け取り表紙を見た瞬間に、あの時の老人だということを感じた。アメリカのe. e. cummingsという現代詩人。なぜだかはわからない。左の画像は、その詩集。

No.005  投稿者:ぼこぼこ

2013.07.25 THURS 11:31:26 通報する  

[ 返信 ]

>003


いい画像貼りましたね…笑

つのだ☆ひろさんのレコーディングで。

No.006  投稿者:Nagomi_Labo

2013.07.25 THURS 16:53:58 通報する  

[ 返信 ]


出典:mihoh.up.seesaa.net/image/A...

20年以上前のことですが、十字架のある建物に入っているA○○○○スタジオで、あるプロレスラーさんの入場曲をレコーディングしていたところ、
「つのださんのレコーディングは不思議なアクシデントが起こる」
とのことで、数々の体験談を伺いつつレコーディングを進めていました。
作業も中盤ぐらいになってきた頃、急にレコーダーとコンピュータの同期が時々人が操作しているかのようにおかしくなり、同期用の機材を入れ替えても完全には直らず、録りなおしになった事があります。
つのださんは、余裕の表情で「やっぱり出たね!」という感じでしたが、自分を含め、関係者はびっくりしていました。
似たようなアクシデントはその時1度だけだったので、原因が思い当たらず、とても不思議な体験でした。

マンガ

No.007  投稿者:どくきのこ

2013.07.26 FRI 14:58:56 通報する  

[ 返信 ]

幽体離脱、をしかけた、かもしれない

No.008  投稿者:ぼこぼこ

2013.07.29 MON 11:50:09 通報する  

[ 返信 ]


出典:support-full.jp/blog/2013/0...

これも自分の体験談ー。

社会人になってすぐ、金縛りを体験するようになった。
夜中目が覚めて「あー動かないなー。仕事で疲れてるんだなー」ぐらいにしか思わないけど。
そういう時はふんっ!と気合を入れるというか、無理やり動かす努力をすると動くようになってたから、そのまま寝る、っていうのが続いてた。
で、金縛りの解き方にも慣れたある夜。
夜中目が覚めて、またもや動かない。「あーまた金縛りかぁ」と思いつつ、気合いれて解いて、寝て。で、同じ夜にまた目が覚めて金縛り。それが何度も。
しかし、何度目かの金縛りからは気合を入れても解けなくなった。何にも動かない。起きてるのは頭だけ。
「寝たいのになぁ、やだなぁ」とボーっとしていると、なんか上半身がふわっと軽くなったような…?寝てるはずなのに自分の目線が上がっているような…?っていうか確実にこれ、浮き上がってるんじゃね?
どんどんと自分の体が上半身からゆっくりとシールを剥がされるような感覚に陥った。
「足先まで完全に剥がれたらなんかすごく危ない気がする!なんでか分かんないけどこれ完全に体から剥がれたらヤバイ!戻れ!戻れ!」
とひたすら念じて、ベッドの端をつかんで抵抗してみたら、案外あっさりと元に戻った。
で、すっごいそれで疲れてほっとして、また眠りました。それ以降は幽体離脱的な現象は起こってない。
夢かなー、どうかなー?

エピソードじゃないけど・・・

No.009  投稿者:

2013.07.29 MON 14:12:31 通報する  

[ 返信 ]


出典:img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/...

「怖い画像」で画像検索してビクッとなった(泣)

祖母から聞いた話です

No.010  投稿者:幸子

2013.07.29 MON 19:29:44 通報する  

[ 返信 ]

祖母から聞いた話なんですが、祖父との旅行先での出来事です。
まだ新婚だった二人は、祖父の運転する車で旅行に出かけました。
地図を頼りに長いトンネルを抜け、山道を進みます。しかし途中で道に迷い、予約していた旅館にたどり着けず、急遽別の宿に泊まることに。急でしたが、一部屋だけ空いているというのでそこに宿泊。
部屋は値段の割に広く、晩に出てきた料理も豪華でした。予定は狂ってしまったけど、おいしい料理も食べれて二人は大満足。
しかし、その晩。一度は眠りについたものの、なんだか寝苦しさを感じた祖母がふと目を開けると、天井に浮かぶ男女の顔がこちらをじっと見ていたそうです。

その後、声も出ずただ必至で目をつむり無理矢理眠りについた祖母。翌朝、旅館の人にそのことを話すと、「やっぱり」と言われたそうです。どうやら以前、その部屋で若い夫婦が自殺したんだとか。
すぐに空いた部屋に変えてもらい、昼のチェックアウトまではその部屋で過ごしました。

そして帰り道。車に乗って来た道を戻り、行きで通ったトンネルへ。トンネルの暗さのせいか、祖母は昨夜のことを思い出し、再び車内の天井を目をやったそうです。するとそこに・・・・



どうやら二人の旅行が楽しそうでついてきてしまったらしいです。
具体的な地名は忘れてしまったんですが、岐阜のあたりだった気がするので鴬谷とかですかね・・・。私には霊感もないので見たことはありませんが、この話を聞いたら怖くて、しばらく天井見て寝れなくなりました。

貞子の目

No.011  投稿者:

2013.07.30 TUE 10:43:00 通報する  

[ 返信 ]


出典:room119.air-nifty.com/photo...

写真は映画『リング』の有名なシーンですが、特徴的なのは本来あるはずのまつ毛がないこと。監督のこだわりで、わざわざ3時間かけて病院で抜いたらしい。
以前に何かの番組で特集してて“なるほど”と思った話で、人間らしさとか、生を感じさせる要素っていろんなところにあるんだなと。

未確認飛行物体

No.012  投稿者:レンズ水溜り

2013.07.30 TUE 11:24:57 通報する  

[ 返信 ]


出典:localfile_ufo.jpg

小学生の頃、友だちと千代田区にある科学技術館に出かけた帰り道のことです。

地下鉄東西線に乗って帰っていた途中、東西線が地上を走るところがあり、ふと窓の外を眺めているとオレンジ色に光る物体が見えたのです。最初は雲が夕陽に照らされて光っているのかなと思ったのですが、どうもそうではなさそうなので、友達に「あれ何だろう」と話したところ、「もしかして UFO じゃない」「光を放って飛んでるみたい」と盛り上がり、15 分くらいの間でしょうか、ずっと電車の窓から外を眺めて盛り上がっていました。

次の日、朝刊の一面にその出来事が掲載されていて、(1)大気の状態は気象学的には空が光るような状態ではなかった。(2)かなりの人がオレンジ色に光る物体を見ていて問い合わせが相次いだ。というような内容が書かれていました。それまで UFO なんて信じていなかったのですが、その日から「もしかしたら宇宙人いるのかも」と思うようになりました。

なにぶん霊感などとは無縁の人間なので、あれから 30 年以上経ちましたが、後にも先にもその時一度限りの体験です。次に UFO を見る頃には、もう寿命に達しているかも知れません(苦笑)

特急電車

No.013  投稿者:かずお

2013.07.30 TUE 12:32:08 通報する  

[ 返信 ]

▼電車の乗務員しか知らない話▼

都内と某所をつなぐ有名な特急列車。(詳しくは伏せますが、、、)
この特急列車の1つの車型に"幽霊出る"という話は乗務員の間では知らない人は居ません

この特急列車は特に6号車に出るらしく、
とある乗務員は6号車の巡回中、乗務用の携帯電話が鳴ったので見てみると「着信履歴なし」
一体誰からかかって来たのか未だに謎です。
この特急列車は「肩を叩かれた」、「幽霊を目撃した」などの証言が多くありますが幽霊は何かを伝えたいのでしょうか…?

鉄道に関する心霊話は意外と多く、他にも某寝台特急でも出るという話です。
(この寝台特急では、むかし乗車中に死亡した乗客がいるそうです。)


▼自殺の名所になってしまった駅▼

都内にある某駅の話。
この駅は都内でも自殺が多く、
自殺者は何かに引き寄せられるようにこの駅で命を絶ちます。

ある日、電車の運転士がこの駅を通過する際、
ホームから飛び降りる人を目撃し、列車を緊急停車しました。
しかし列車の下を見ても誰も居ない…辺りの線路にも人影がない…
…という事が多々あるそうです。

同じような話は乗客からも多く寄せられているそうです。

自殺してしまうと自殺した瞬間を永遠と繰り返すと聞いた事があります。
この人は達は、亡くなった今でも自分が死んだ事に気づかず自殺を繰り返しているのでしょうか?

おわり

No.014  投稿者:ぼこぼこ

2013.08.02 FRI 15:14:37 通報する  

[ 返信 ]

みなさま続々とお寄せいただきまして、ありがとうございます。
存分にゾゾゾとさせて頂いております。引き続き、お待ちしてます。

そういえば昨日、アンビリバボーで久々に心霊特集やってたなぁ。
どうもテレビのやつは疑いの目でしか観れないから、全然怖くなかった。

嫌がらせ

No.015  投稿者:ぼこぼこ

2013.08.06 TUE 16:14:20 通報する  

[ 返信 ]


出典:www.muji.net/pc/netstore/im...

蒸し暑くて思い出した。

一人暮らしのとき。夜はエアコン派でなく扇風機派なので、いつも通り扇風機を回して寝てた。
夜中、何時か分からないけど、汗だくで目が覚めた。イライラして確かめると、扇風機は回ってはいるけど、首振り機能が停止して、ちょうど体に当たらないとこを頑張って涼しくしてた。
きーっとなって、ボタン押して首振り機能を再開、そのまますぐ寝たけど、今思えば誰が首振り止めたんだろう。
5年ぐらい前の話。扇風機は今も現役で、それ以来特に不具合なし。誰だよ勝手に涼んでたの。

親子って・・・

No.016  投稿者:

2013.08.06 TUE 18:52:04 通報する  

[ 返信 ]

不思議な話。

ある晩に見た夢。
夢の中に母親が出てきて、なんだか自分と弟につらく当たってて
ヒステリックな母親を前にどうしよう、やだな、悲しいな
と思って目が覚めると自分は泣いてて
翌朝、母親にその夢の話をしてみたら
実は仕事でつらかったことがあって
グルグル考え込んでしまっていたらしい

親子だからなのか何なのか。
母親とリンクした不思議体験。

表示: | 最新 (16)

このスレッドへの投稿

投稿者:

残り800文字

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by