まとめ

2012.07.23 MON 06:50:12   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

2753

0

Little Bird Nation

出典:http://www.drillspin.com/person/view/ARDSAX020083

スチャダラパー〜tokyo no.1 soul set等を中心とした、日本のヒップホップをベースにしたアーティスト・クラン。

ABOUT AUTHOR

HTC*http://flavors.me/hitachtronics/

0

スチャダラパー

0

出典: userserve-ak.last.fm/serve/...

ご存じ、BOSE(MC)、ANI(MC)、SHINCO(DJ)からなるラップグループ。'90年『スチャダラ大作戦』(FILE/
MEJOR FORCE)にてデビュー。クレイジーキャッツやドリフなどのバラエティ、ゲームやアニメ、ドラマ等、日本のユースカルチャーを多く引用し、'94年には小沢健二との『今夜はブギー・バック』が大ヒット、ヒップホップというジャンルをお茶の間にまで広めた。
http://mcaf.ee/a5ckm
http://mcaf.ee/v8c0l

0

出典:YouTube

スチャダラパー / スチャダラパーのテーマPT.1 [LIVE]

0

tokyo no.1 soul set

0

出典: pds.exblog.jp/pds/1/200906/...

BIKKE(MC)、渡辺俊美(Vocal&Guiter)、川辺ヒロシ(DJ)からなるグループ。'94年シングル「ロマンティック伝説」にてメジャーデビュー、その音楽性はヒップホップをベースとしながらも、ラップというよりはポエトリー・リーディング的なBIKKEのボーカルと渡辺のハイトーンなボーカル、ジャンルに捕われないさまざまな音源を多く引用したトラックは従来のヒップホップとはまた違った世界観を作り出している。BIKKEは高野寛らとのナタリー・ワイズ、渡辺はZOOT 16やソロ名義、川辺は石野卓球とのInKなど、メンバー各々、別のプロジェクトでも平行して活動中。
http://mcaf.ee/bni4g

0

出典:YouTube

TOKYO No.1 SOUL SET / 黄昏 '95~太陽の季節~

0

かせきさいだぁ

0

出典: www.cdjournal.com/image/int...

本名・加藤丈文。'95年、『かせきさいだぁ≡』(NATURAL FOUNDATION)にてデビュー、はっぴぃえんどやキャラメル・ママなどの和製フォーク〜シティ・ポップを歌詞からも音源からも多く引用し話題となる。また、文筆業の活動も活発で、2冊のエッセイ集や漫画『ハグトン』など執筆。ワタナベイビー(ホフディラン)との『BABY&CIDER』、木暮晋也(HICKSVILLE)との『トーテムロック』、いとうせいこうやDUB MASTER Xとの『DUB FLOWER』などのユニットも多く兼ね、最近は元ポメラニアンズ〜前述のDUB FLOWERのメンバーで構成される『HUGTONES』を率いて活動する。
http://mcaf.ee/ao8fz
http://mcaf.ee/uwmyn

0

出典:YouTube

かせきさいだぁ / 冬へと走り出そう・再び

0

CARTOONS

0

MAT-NY(MC)、Take-1(MC)、オモロマン(MC)、DJ ATCHY(DJ)、K-5(MC)からなるラップグループ。単独音源は(CDで聴けるものは)残していないが、スチャダラパー『Little Bird Strut』『GET UP AND DANCE』『Cars-joint』(MATとオモロマンのみ)、脱線3『ボンスクロック』などの音源でその声を聴くことは出来る。TAKE-1ことタケイ・グッドマンは映像ディレクターとしての活動で多く作品を残し、オモロマンことシャシャミンも漫画家/文筆家として2冊の著作を出している。

0

出典:YouTube

TAKEI GOODMAN / WINDOW 第3話 THAT'S WIZ ENTERTAINMENT (Grasshoppa! vo.3より)

0

脱線3

0

出典: 29.media.tumblr.com/tumblr_...

ロボ宙(MC)、MC BOO!!(MC)、KING 3LDK(DJ)からなるラップグループ。'94年『バチルカ』(FILE / MAJOR FORCE)にてデビュー。大阪を拠点に活動、そのリリックにはお笑いや漫才文化ネタが多く引用され、一時期は吉本興業にも在籍していた。'95年『XXX JAPAN』(EPIC)はBeastie Boysのスタジオ、G-SONにて録音された音源を含む。現在ユニットとしては表立った活動はしていないが、ロボ宙はスチャダラのサイドMCやHELLO WORKS、ZEN-LA ROCKとのSPACE MC'Sのメンバーとして、また数多くのアーティストと共演を重ね、MC BOO!!は放送作家として活動中、KING 3LDKは個人レーベルAUTOROCK Recordingsを主宰し多くのソロアルバムを経て、最近はアニソンDJとしての活動も始めている。

0

出典:YouTube

脱線3 / ボブソン

0

四街道NATURE

0

出典: www.wigout.jp/data/wigout/p...

KZA(MC)、マイクアキラ(MC)、DJ KENT(DJ)からなるラップグループ。'95年『四街道ネイチャー』(VORTEX / Mercury)でデビュー。どことなく居心地の悪いリリック内容が特徴で、'96年に同じ日比谷野音にて行われた『大LB祭り』とアンダーグランドヒップホップの伝説的祭典『さんピンキャンプ』の両方に出演した唯一のアーティストとなった。'98年初のフルアルバム『V・I・Cトゥモロー』(Guntez)リリース後活動休止、KZAとKENTはDJユニット『FORCE OF NATURE』として、マイクアキラはソロで活躍中。

0

出典:YouTube

四街道ネイチャー / 惨事 feat.タイプライター

0

ナオヒロック&スズキスムース

0

出典: userserve-ak.last.fm/serve/...

ナオヒロック(MC)とスズキスムース(DJ)のユニット。作品として残っているのは'95年『Everybody Loves The Sunshine』 (NATURAL FOUNDATION)のみだが、ストリートブランド ”Bivouac (ビバーク)” のディレクターを手掛け、最近ではネットレーベルMaltine Recordsの「Avec Avec」のPVを制作するなど、デザイナーが本業である。
客演で最も印象に残っているのはスチャダラ『5th Wheel 2 the Coath』表題曲のシャウトだろう。'07年にはサイプレス上野とロベルト吉野の呼びかけにより彼等のアルバム『ドリーム』でセルフ・オマージュ的なテイクを残している。
2012年に前述のシングルのC/W曲「Keep on」が再レコーディングされリリース。ふたたびラッパーとしての活動を始めるのだろうか、今後の展開が待たれる。

0

出典:YouTube

Naohirock & Suzukismooth / Everybody Loves The Sunshine

0

Three One Length

0

出典: userserve-ak.last.fm/serve/...

ナマロイ(MC)、ヒラノブラウン(MC)、DJ Sudo/ほてい(DJ)からなるレゲエユニット。'96年、ミニアルバム「THREE ONE LENGTH」 (NATURAL FOUNDATION)でデビュー。その後1枚のCDシングルと、カセットミックステープを残している。

0

出典:YouTube

THREE ONE LENGTH / DRIVE D-51

0

A.K.I.Productions

0

出典: natalie.mu/media/0811/1117/...

ライターとしても活動する、A.K.I.によるユニット。'93年「JAPANESE PSYCO」(FILE)でデビュー、Illicit Tsuboiのトラックと日本の暗部を抉るような凶悪なリリックをデスボイスでラップは、のちのデス渋谷系の登場を予見していたが、難聴を患い一時活動休止。00年代に入ってソロユニットとして復活、ヒップホップを経由しつつもそこから逸脱したアルバム「DO MY BEST」(バウンディ)を'09年に発表した。LBではキミドリとおなじく『外人枠』。
http://mcaf.ee/5c12t

0

出典:YouTube

A.K.I PRODUCTIONS / SEX! OR DIE!

0

キミドリ

0

出典: pics.livejournal.com/lajaug...

クボタタケシ(MC)、石黒景太/KURO-OVI(MC)、青木誠(DJ)からなるラップグループ。'95年に「キミドリ」(FILE)でデビュー。LBでは『外人枠』という扱い。ほかのユニットと違い、元々パンク/ハードコアやスケーター文化の人脈と交流が深く、KURO-OVIの噛み付くようなラップと、クボタのつぶやくようなラップに、人間関係の気まずさや流行などを皮肉ったリリックにその出自の片鱗が伺える。'96年にはAVEXによりメジャーデビューするが、その後活動休止、現在まで三者三様にDJとして活動中。石黒はグラフィック・デザイナーとしてECDのジャケデザインなど、多くのアートワークを手掛ける。

0

出典:YouTube

キミドリ/自己嫌悪

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by