まとめ

2012.07.24 TUE 19:00:06   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

3095

1

国内ヘヴィ・メタル入門編10選

出典:piro-q.cocolog-nifty.com/ph...

日本のヘヴィ・メタルのルーツから”ジャバメタ”とも呼ばれた80年代前半までの代表的なバンドをピックアップ。

ABOUT AUTHOR

0

出典:YouTube

FLOWER TRAAVELLIN' BAND「Satori I」

故ジョー山中がフロントに立っていたバントで、内田裕也がプロデュースした1971年のセカンド・アルバム『Satori』収録曲。サイケデリックなニュアンスも強いが、日本のヘヴィ・メタルの原点でもある。

0

出典:YouTube

外道「香り」

歌詞をはじめとして日本を意識した姿勢でヘヴィ・メタルの壁を中央突破した問答無用のバンド。1974年のファースト・アルバム『外道』収録の代表曲だ。

0

出典:YouTube

紫「Double Dealing Woman」

“沖縄のDEEP PURPLE”とも呼ばれたバンドによるレコード・デビュー前の1975年のライヴ。キーボードがポイントになった音もダイナミックなヴォーカルも日本のバンドの域を超えて響く。

0

出典:YouTube

BOWWOW「Heart's On Fire」

80年代の日本のヘヴィ・メタルの隆盛の源にはBOW WOWがある。1976年のファースト・アルバム『吼えろ!BOWWOW』収録のこの曲こそが日本のヘヴィ・メタルの原点。

0

出典:YouTube

NOVELA『Illusion』

プログレッシヴ・ロック・スタイルの曲もやっていたが、ハイ・トーンのヴォーカルとツイン・ギターを活かしたJUDAS PRIESTタイプの曲もクールなバンド。1980年のファースト・アルバム『魅惑劇』収録曲である。

0

出典:YouTube

5X「悪い夢」

カルメン・マキ&OZ時代以上のヘヴィ・メタル・アプローチの音をバックにカルメン・マキが歌っていたバンド。1982年のデビュー・アルバム『Human Target』に収めた曲である。

1

出典:YouTube

44MAGNUM「I'm On Fire」

80年代前半に関西出身のヘヴィ・メタル・シーンをリードしたバンドの一つ。これは1984年の大阪城野外音楽堂でのライヴだ。

1

出典:YouTube

EARTHSHAKER「More」

1984年にシングルでも発表した初期の代表曲。もっと画質のいい映像もたくさんあるが、このライヴには当時の彼らのムードが表れている。

1

出典:YouTube

VOW WOW「Too Late To Turn Back」

BOW WOWを母体に専任シンガーとキーボード奏者を入れて、よりスケール・アップしたバンド。これは1985年のライヴである。

1

出典:YouTube

LOUDNESS「Crazy Nights」

海外の幅広い層に最も知られている日本のヘヴィ・メタル・バンドの代表曲。先行シングルとしてリリースし、米国ビルボードのアルバム・チャートでも74位まで上昇した1985年の5作目『Thuder In The East』にも収録されている。これは1986年のパフォーマンスだ。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by