まとめ

2012.07.25 WED 20:07:28   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

1685

0

ジョン・コルトレーンが生きた日々

出典:pds.exblog.jp/pds/1/200512/...

テナーサックスの巨人、ジョン・コルトレーンマイルス・デイビス・クインテット加入からスターの地位を築くも不断の努力で超人的な演奏技術を修得。黄金のカルテットを率いて、「至上の愛」という大名盤を残した。晩年は「私は聖者になりたい」という言葉を残し、壮絶なフリージャズの世界に入りこんでいった。愛称はトレーン。コルトレーンの世界にようこそ。。

ABOUT AUTHOR

0

出典:YouTube

John Coltrane plays Koko in the Navy 1946

1946年海軍でアルトを吹いていたコルトレーンの初期の演奏

0

出典:YouTube

John Coltrane in Color

コルトレーンが神に近づきつつあった頃、ニューポートでの演奏。撮影は中平穂積さんによる8ミリか。。

0

出典:YouTube

John Coltrane - Naima (Belgium 1965)

黄金のカルテットによる名曲「ネイマ」。ネイマはコルトレーンの元妻の名前。美しい曲。

0

出典:YouTube

John Coltrane - On Green Dolphin Street (Germany 1960)

この映像は秀逸。ウィントン・ケリーの手先のアップやポール・チェンバースの陰影。ジャジーという言葉そのもの。。。

0

出典:YouTube

John Coltrane & Eric Dolphy - Impressions (Germany 1961)

黄金のカルテットにエリック・ドルフィーを加えたヨーロッパでのテレビ収録。カッコよすぎる。コルトレーン作の「インプレッションズ

0

出典:YouTube

John Coltrane - My Favorite Things

これも同じくヨーロッパでの演奏。コルトレーンが長く愛した名曲「マイ・フェバリット・シングス」をドルフィーと共に。

0

出典:YouTube

John Coltrane - My One And Only Love

静かなトレーン。ヴォーカルはジョニー・ハートマン。渋いね。。。

0

出典:YouTube

Michael Brecker and Rembrandt Frerichs (Piano)trio - Impressions

コルトレーンの後継者、マイケル・ブレッカーが演奏する「インプレッションズ。」亡くなられたのは本当に残念です。。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by