まとめ

タグ:

タグを付ける

2012.07.26 THURS 15:24:43   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

1304

0

80年代日本のインディ・ロック10選

出典:fujiyama.press.ne.jp/sozai/...

もともと80年代にインディ・レーベルからリリースされた曲をYoutubeで挙がっているものの中から厳選。

ABOUT AUTHOR

0

出典:YouTube

THE STALIN「 電動こけし」

メジャー・デビュー直前の1982年の元旦のライヴ。1980年に自主レーベルから発表したソノシートの曲だが、センセーショナルなだけでなく自力で全国ツアーをしていた彼らの活動が80年代のインディ・シーンに大きな影響を及ぼしたことは間違いない。

0

出典:YouTube

非常階段

“キング・オブ・ノイズ”を標榜するノイズ・バンドの初期にあたる1981年のライヴ。リーダーのJOJO広重(vo、g)は日本を代表するインディ・レーベルのアルケミー・レコードの主宰者でもある。

0

出典:YouTube

TACO

鬼才・山崎春美主宰のTACOのライヴ。男性ヴォーカルはINU解散前後の町田町蔵(現・町田康)である。

0

出典:YouTube

ハナタラシ

80年代後半にBOREDOMSがバンドとして本格化する前にEYEがやっていたバンドのライヴ。渦巻くヘイト・アティテュードは90年代以降のEYEとは対極かもしれないが、波紋を投げかけるパフォーマンスという点では不変である。

0

出典:YouTube

あぶらだこ「White Wolf」

稀代の奇才バンドあぶらだこはTHE STALIN在籍時の末期にそのギタリストのタムが始めたADKレコードからレコード・デビュー。これは1984年のライヴだ。

0

出典:YouTube

WILLARD「Lightning Scarlet」

80年代半ばに起こった日本のインディーズ・ブームの一角も結果的に担ったバンドだが、メジャー・デビュー直後のヴィデオ・クリップの本作でも揺るがぬ美意識を呈している。

0

出典:YouTube

有頂天「心の旅」

ナゴム・レコードを主宰して石野卓球や大槻ケンヂもシーンに送り込んだケラのバンド。もちろんチューリップの曲のカヴァーだ。

0

出典:YouTube

AUTO-MOD「世紀末キャバレー」

メジャー・レーベルにも絡みながらゴスやヴィジュアル系も含めて影響力が大きいバンドの1985年のライヴ映像。

0

出典:YouTube

G-SCHMITT「Catholic」

AUTO-MODのヴォーカルのジュネ主催のシリーズ・イベント“時の葬列”に出演していたことで知られていたバンド。潔癖なほど凛とした歌と音は今体験しても唯一無比である。

0

出典:YouTube

YBO²「ドグラマグラ」

80年代後半の日本のインディ・シーンの一角を担ったトランス・レコードの主宰者・北村昌士(vo)が率いたバンドの1986年のデビュー・シングルの曲。このライヴの他のメンバーは河本英樹(b)と吉田達也(ds)である。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by