まとめ

2012.07.27 FRI 13:22:13   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

927

0

J-INDIESおススメ(POP & ROCK編)

出典:f.hatena.ne.jp/images/fotol...

おススメのインディーズ・ミュージシャンを紹介します。ポップ&ロック編です。

ABOUT AUTHOR

echerringbonedrillspinの「レア音見つけた」でCDレビューを書いてます。音楽はジャンル問わず好き…

0

Cubetone

0

出典:YouTube

Cubetone 『Elpis』 PV

スカやレゲエを基調として、親しみやすく覚えやすいポップス・センスを持っているバンド。
ポップス・センスにより敷居をグッと下げた優しさは、日本人らしい細やかな気配りに似ている。
外国製品やサービスと日本製品やサービスを比べた時に感じる優しさが、彼らの音楽には存在する。

0

にげたひつじ

0

出典:YouTube

にげたひつじ/ピンク・スモーク・ピンク

ちょっぴりソウルなシティー・ポップ。
京都の2人組ユニットで、キャッチーでありながらよく聴いてみると、複雑な演奏をさりげなく注入している。

0

white ash

0

出典:YouTube

WHITE ASH / Stranger

ロックのクールな部分をやり尽くしてしまいそうな、とんでもない可能性を感じるバンド。2012年7月のライヴでは、ヴォーカル・のび太が国民的アニメキャラクターのイメージを逆手に取った、攻撃的なパフォーマンスでフロアを煽る姿が印象的だった。

0

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

0

出典:YouTube

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / わるいひと

縦ノリでも横ノリでも踊れる、楽しいビック・バンド。歌謡曲を感じる懐かしい部分もあり、日本人が日本人であると再確認できるような、迷った時に原点に戻れる音楽。ソロでも弾き語りで各地に赴くフットワークの軽さも彼の信条。2012年5月のソロライヴは、圧倒的なヴォーカルで会場を支配していた。

0

the band apart

0

出典:YouTube

the band apart / photograph

今や中堅で知名度も高い彼らだが、それでも紹介したくなる音を持っているバンド。あらゆるジャンルをかみ砕いて、独自の解釈で取り込んで表現する手腕は、日本屈指だ。自主レーベルで苦労も多いと思うが、彼らが音楽活動を続けられる日本の音楽シーンは、まだまだ可能性があるはず。

0

バンバンバザール

0

出典:YouTube

バンバンバザール / 情熱のありか 明るい表通りで (デラックスツアー2012)

年間で相当な数のライヴをこなしている、真のライヴ・バンド。ブルース、カントリー、フォークなど古き良きアメリカを連想させるサウンドと、ヴォーカル福島の飾らないMCは、やはり生で体験するのが一番良い。

0

おおはた雄一

0

出典:YouTube

おおはた雄一 / おだやかな暮らし

音源ではアコースティック・ギターの弾き語りが中心だが、ライヴではエレキの弾き語りも披露する、根っからのギタリストでありシンガーソングライター。ここ数年はハナレグミのサポート・メンバーとしてツアーに帯同したり、芳垣安洋のオルケスタ・リブレに参加したりと、同業者からの信頼も厚い。

0

Predawn

0

出典:YouTube

Predawn - Free Ride

アコースティックで弾き語る女性シンガーソングライター、清水美和子のソロ・プロジェクト。この曲は数量限定で発売されたCD『10 minutes with predawn』に収録されているが、完売状態で現在は入手が非常に困難。問い合わせても再販の予定はないらしい。ライヴでは度々演奏しているのだが・・・

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by