まとめ

2012.07.31 TUE 14:12:50   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

3362

0

ファンカラティーナを極めろ

出典:991.com/newgallery/Funkapol...

パンク〜ニュー・ウェイヴの流れを受けて80年代初頭に話題を呼んだファンカラティーナは、その名のとおりファンクとラテンとニュー・ウェイヴをミックスさせたジャンル。30年の時を経ても、いまなお新鮮なだけに注目すべし!

ABOUT AUTHOR

印南敦史ライターなどをしてますが、常にひとりの音楽&B級カルチャー・ファンでいたい。

0

出典:YouTube

Blue Rondo A La Turk - Klactoveesedstein

ストイックなムードとクリエイティヴな音楽性が魅力的だったブルー・ロンド・ア・ラ・ターク。アルバムは一枚しか残さなかったが、完成度はひたすら高い。なおメンバーのマーク・ライリーは、こののちマット・ビアンコを結成することに。

0

出典:YouTube

Haircut 100 - Favourite Shirts (Boy Meets Girl)

ニック・ヘイワード率いるヘアカット100の大ヒット・ナンバー。いかにもイギリスの白人青年的なアプローチが爽やかでした。

0

出典:YouTube

Bow Wow Wow - See Jungle (Jungle Boy)

セックス・ピストルズで当てたマルコム・マクラレンが送り出してきたファンカラティーナ・バンド。ヴォーカルのアナベラは当時14歳だったので色もの的にも見られたが、音楽性はひたすら高かった。

0

出典:YouTube

Culture Club - White Boy (Dance Mix)

セカンド以降、モータウン・サウンドからの影響を色濃くしていったカルチャー・クラブも、デビュー時点ではファンカラティーナ色が強かった。極めつけがこの曲ですよ。

0

出典:YouTube

Wham! - Club Tropicana

UKを代表するポップ・バンドに成長していったワム!だが、デビュー作から生まれたこのヒット曲には明らかにファンカラティーナの香りが。

0

出典:YouTube

Kid Creole And The Coconuts - I'm A Wonderful Thing Baby

ズート・スーツに身を固めたフロントマン、オーガスト・ダーネルの個性も強烈なグループ。当時のディスコでもかかりまくってました。

0

出典:YouTube

Funkapolitan - In the Crime of Life

オーガスト・ダーネルのサポートを受けて登場したファンカラティーナ・ユニット。中心人物のトム・ディクソンの屈折感がいい味。

0

出典:YouTube

Pigbag - Papa's Got A Brand New Pigbag

のちにトランス・リメイクまで作られることになった、ピッグバッグの文字どおりのファンカラティーナ・クラシック。ホーンがかっこいい疾走感に満ちた楽曲で、日本では当時、スクーターのCMにも使われた。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by