まとめ

2013.02.04 MON 14:01:33   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2

4291

2

【詰み】ファミコンの愛されしクソゲー【無限ループ】

出典:cdn23.atwikiimg.com/ksgmato...

はぁ?ゆとりだからクリアできないって?
ゆとりじゃなくてもこんなのクリアできねぇよっ!!!

0

未来神話ジャーヴァス

0

1987年6月30日にタイトーから発売。

かつての文明の形跡がどこにもない地球へ帰還した宇宙探査船ジャーヴァス号の乗務員が、
新地球の王になるためにだだっ広いマップをひたすらうろうろする作業ゲー。
説明書によると、そのだだっ広いマップをひたすらうろうろする作業がその後「ジャーヴァスの神話」と呼ばれることになるらしい。なるほど、わからん。

クリア必須アイテムがノーヒント、セーブポイントによっては完全に詰み。
もはやRPGではなくパターンに入るまで延々と同じところを歩き回り、
金と仲間を集めて名声を上げるだけの簡単なお仕事です。

とにかく主人公の歩行スピードが遅い。
そのため、敵や街の人に話しかけるのにも一苦労。
そして、プレイ時間の9割以上を占めるフィールドで使用されるBGMはたった1種類のみである。
そのBGMが何気に良いのが唯一の救いかもしれない。

0

出典:YouTube

未来神話 ジャーヴァス

※海外版です。残念ながら日本版の動画は確認できませんでした。

0

星をみるひと

0

1987年10月27日に今は亡きホット・ビィから発売。

コンピュータによって住民たちが支配・管理されている巨大都市アークCITYで、記憶喪失のサイキック「みなみ」が旅で出会う仲間たちとともに、この世界の謎を解き明かしていくSFロールプレイングゲーム。

世界観、ストーリー、BGM、キャラクターはとても秀逸だが、
ゲームバランスがカオスだったためクソゲーの烙印を押されてしまった。

主人公の歩行スピードの遅さは発狂レベル、クリア必須アイテムがノーヒントなのはあたりまえ、セーブ後に所持金、経験値、アイテムが何故か減るのもあたりまえ、詰みや無限ループのせいで強制リセットも日常茶飯事、戦闘後の疲れた心を癒すはずの街のBGMはタミフル級の不協和音。

あまりに壮大なストーリーはファミコンでは表現しきれなかったのかもしれない。
(のちにPCゲームで「STARGAZER」として有志がリメイク)

0

出典:YouTube

星をみるひと

0

アトランチスの謎

0

1986年4月17日にサンソフト(サン電子)から発売。

80年代、UFOや超常現象や世界七不思議が大好きだった少年たちにトラウマを与えたアクションクソゲー。「素直に任天堂のゲーム買っとけば良かったんや!や!!!」と絶望した少年数知れず。

全100面の広大なステージ内で行方不明になった師匠を探し回る設定だが、
繋ぎ忘れのステージが3面あり、裏ワザ無しで遊べるのは実質97面である。
ステージのなかでも特徴的なのは暗闇に「BLACK HOLE!」とだけ表示されている42面、
入った時点でゲームオーバーが確定し、自機が0機になるまでひたすら主人公が死に続ける様子は非常にシュール。

BGMは「さすがサンソフト!」といった爽快感&ミステリアスなメロディがゲームを盛り上げるのだが、激ムズで癖のあるジャンプ操作がプレイヤーの行く手を阻む。
しかし、その操作性はプレイしていくうちにだんだん心地良くなってくる中毒性がある。

なお、苦労して100面まで行き、師匠を救出したところでエンディングなどは存在せず、
そのままひたすらステージを巡ることができる。
いったい何をすればクリアなのか謎なところがこのゲーム最大の謎である。

0

出典:YouTube

アトランチスの謎

0

ミシシッピー殺人事件

0

1986年10月31日 にジャレコから発売。

船で起きた殺人事件の犯人を探偵のチャールズ・助手のワトソンが突き止めるサスペンスゲーム。
というと聞こえはいいが、キャラの移動がとにかく遅い。
また、画面の半分以上が非常に読みづらいテキストで埋まっており、
事件関係者などの証言を全く読む気になれない。

そうやって気を抜いていると、
船室に仕掛けられた落とし穴や飛びナイフなどの罠に掛かってあっけなくゲームオーバー。
下手をすると被害者の死体発見前に探偵のチャールズが被害者になるという恐ろしいゲームである。

0

出典:YouTube

Mississippi murder case question1/2 ミシシッピー殺人事件出題編1/2

0

ゴーストバスターズ

0

1986年9月22日に徳間書店から発売。

映画『ゴーストバスターズ』のタイアップ。ジャンルを表現できないほどの謎ゲー。

ゲームが始まるとグリッド状に建物が配置されたマップに、
ぽつんと表示されるゴーストバスターズのロゴがプレイヤーの操作するキャラなのだが、
全くもって何をやればいいのかわからない。

ラスボスのいるビルは無駄に高い22階建て、
ビル内の移動は行きたい方向に十字キー連打のため、
ボスのいる最上階までひたすら十字キー連打である。

ファミ通に「もはやゲームになっていない」とまで酷評された。

0

出典:YouTube

ファミコンソフト ゴーストバスターズ Famicom Ghostbusters NES

0

道 -TAO-

0

1989年12月1日 にバップから発売。

あまりにも胡散臭く電波的で宗教じみた黒歴史世紀末RPG。
電源を入れた直後のOPから身の毛もよだつ強烈な洗脳的BGMとビジュアルが襲い掛かってくる。
(YouTube参照)

世界観からしょうがないとはいえ、登場するキャラクターはどれも薄気味悪いデザインばかり。
後にも先にも他に類を見ない布教的なゲームである。

0

出典:YouTube

古き良きゲームを伝えたい 第5回 究極の世紀末ロープレ「TAO」

※実況動画

0

たけしの挑戦状

0

1986年12月10日にタイトーから発売。

もはや説明不要のクソゲー界に燦然と輝くバイオレンス理不尽ゲーム。
ゲームクリア後に表示される「こんなげーむにまじになっちゃってどうするの」は
プレイヤーにとって最高の褒め言葉である。

0

出典:YouTube

たけしの挑戦状最速クリア(バグなし)1/2

このまとめへのコメント (2件)

投稿者:Nagomi_Labo

2013.02.18 MON 17:02:40   通報する

「キャプテンED」も凄かったですよ。プロデューサーご本人の前でラスボス戦を実際にプレーしたのが懐かしい想い出です。

投稿者:

2014.06.02 MON 19:01:40   通報する

星をみるひと以外は全てプレイしましたが、なかなかの選択だと思います。
個人的にアトランチスとたけ挑は好きですね・・・。
自分が挙げるとするなら月並みですが、スーパーモンキー大冒険と長靴をはいた猫は欠かせません・・・。

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by