まとめ

タグ:

タグを付ける

2015.08.27 THURS 20:44:59   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

410

0

オメガ3脂肪酸で花粉症を緩和

出典:antiaging.akicomp.com/wp-co...

オメガ3脂肪酸で秋の花粉症を緩和しましょう!

ABOUT AUTHOR

0

もうすぐ秋の花粉症シーズンです

0

「秋の花粉症」も要注意です。一般的に花粉症というとスギ花粉・ヒノキ花粉といった春の季節(4月~5月)を連想する人が多いかと思いますが、原因となる花粉は50種類以上はあって、ブタクサ(豚草)、ヨモギ、カナムグラなどの雑草やイネ科の花粉(6月から8月)が飛ぶ「秋の花粉症」にも用心しなければいけません。

出典:秋の花粉症

0

◆ブタクサ(豚草)・・・キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。高さ1mくらいの雌雄同株の風媒花で野原、道端など全国的に見ることができる。日本ではスギ、ヒノキについで花粉症患者が多いとされている。アメリカではこのブタクサによる花粉症の患者がいちばん多く、約5%~15%の人が悩まされているとのデータがある。
◆ヨモギ(餅草)・・・キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。汁物、天ぷらなどの食用、薬用としてもふだんから馴染みの深い草。灸で使うもぐさは、葉の裏にある綿毛を使ったものである。夏から秋にかけて、茎が伸び、目立たない花を咲かせる。全国いたるところで見ることができる。秋の花粉症ではブタクサについで多い。
◆カナムグラ(鉄葎)・・・アサ科・一年草。飛散時期は8月~10月。道端や野原などの日あたりの良い場所などで見ることができる。雌雄異株のつる植物で茎から葉にとげがあり、木や電柱等に絡みつく。

出典:秋の花粉症

0

秋に増えるアレルギー症状

0

秋に花粉を飛ばす植物
秋にアレルゲンとなりやすい花粉を飛ばす植物の多くは、ブタクサ、カモガヤといった、「草」の類です。また、秋咲きのスギ花粉も報告されていますので、これも要注意でしょう。

秋の始まりに増えるダニの死骸
梅雨時から始まって7月に発生のピークを迎えるダニの寿命は約3か月。秋の始まりのころには、室内の見えないところに寿命をむかえたダニの死骸が増えます。それらが干からびて粉々に砕け、目に見えないほどのタンパク質のチリとなって空中に浮遊すると、花粉と同じように、呼吸器などから人体に入り込んで、アレルゲンとなってしまうことがあります。

0

オメガ3脂肪酸で花粉症が予防できます

0

「きなり」が届いですぐに家族そろって飲み始めました。
息子には飲みづらかったようですが、それでもがんばって飲んでましたね。
花粉症の季節が来る前にしっかりと体質を変化させておかないとダメだと思ったので、
「花粉ないのに飲むの?」って息子には言われましたけど、ちゃんと説得しました。
私も予防したかったのでちゃんと飲みました。
秋口から飲み始めて春先の花粉の季節になったときに、効果を実感しました。
いつもなら真っ先に症状が出て悪化してしまう息子ですが、症状が出てきたものの
そんなに悪化しなかったんです。
旦那もちょっと目が痒いぐらいで去年よりも症状は軽いと言ってました。
花粉予報では例年よりも飛散する花粉量は多いと言ってましたが、
症状がそんなに出ていなかったのでこれはオメガ3脂肪酸の効果が出てるに違いない!と確信しました。
私も花粉症の症状は出ませんでしたので予防できていると思います。

出典:花粉症を予防する効果

花粉症の症状が起きてからでは遅い!
今すぐに花粉症対策、していきましょう。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by