まとめ

タグ:

タグを付ける

2016.06.18 SAT 21:03:38   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

169

0

【実は危ない?】ゼロカロリー食品に潜む危険性

体脂肪や肥満を気にすると、ついついゼロカロリー食品ばかりを手に取ってしまいがちですが、実は健康面から考えるとこれは万全とは言えません。ここではそんなゼロカロリー食品の罠について解説します。

0

そもそも完全なカロリー”ゼロ”ではない

0

国で決められている「100ml(100g)あたり5キロカロリー(kcal)未満であればゼロと表示してもいいですよ」という基準もこの人工甘味料を使うことでクリアできているみたいですね。

「え!じゃあゼロカロリーって書いてあっても、本当はゼロじゃないこともあるってこと?」
そうなんです。国の基準では5キロカロリー(kcal)未満なので商品によっては「完全にゼロではない」ものもあります。

0

肥満になる可能性も!

0

パデュー大学のマウスの実験では、人工甘味料入りのヨーグルトを摂取したグループは天然甘味料入りヨーグルト摂取のグループに比べ、食べすぎによって太ってしまったと報告している。

0

食品添加物などの悪影響もありえる

0

いくら低カロリーとはいえ、食品添加物は含まれています。

そのため低カロリーだからといってそればかり摂取すると、知らず知らずのうちに食品添加物を過剰摂取してしまい体内の酵素の働きが妨害されてしまいます。

それによって身体が疲弊することで代謝が落ち、太りやすくなってしまうのです。

出典:ゼロカロリーだから良いわけではない

良かれと体のためを思って食べていたゼロカロリー食品のせいでかえって体調を崩したり、肥満になってしまったら本末転倒。注意したいですね。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by