まとめ

タグ:

タグを付ける

2017.03.27 MON 11:49:29   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

73

0

日本と世界の離婚事情

出典:localfile_rikon_todoke.png

日本と世界の離婚事情

ABOUT AUTHOR

0

昨年はゲス不倫を初め多くの芸能人達の不倫、離婚問題で世間は騒いでいましたね。
様々な価値観が増えてきた昨今、日本でも離婚は増加傾向にあるようです。

では世界では離婚問題はどのような感じなのでしょう?

0

世界の離婚率トップ10

0

国連統計局によると順位は以下のとおり

1位 ベルギー  69%
2位 ポルトガル 68%
3位 ハンガリー 67%
4位 チェコ   66%
5位 スペイン  61%
6位 ルクセンブルク 60%
7位 エストニア 58%
8位 キューバ  56%
9位 フランス  54%
10位 リトアニア 53%

0

どうですか?
ちなみに日本は35%で順位も真ん中ぐらいでそんなに高くないようです。

0

1位のベルギーに関して何故このような結果なのかというと、ベルギー国民の平均月収が男女で大差ないことや、離婚制度の内容によりこのような高い数字になっているのだとか。

0

夫婦の協議で離婚が成立する場合や、調停で離婚が成立する場合は、あくまでも夫婦の話し合いで離婚する場合ですから、夫婦双方が離婚に合意しさえすれば、理由を問わず離婚が認められます。

0

日本では上記のように夫婦双方の合意でないと離婚することができませんが、ベルギーでは片方の意思だけでも離婚ができ、手続きも簡略化されているようです。

0

情熱的な国で知られるスペインがランクインしてますがイタリアはありません。
イタリアはカトリック教会の影響を強く受けているので、基本的に宗教上離婚は認められていませんでしたが1970年に離婚制度が導入され離婚することが可能に。
しかし別居から三年以上経たないと難しいなど制度は厳しいです。カトリック教会の影響といえばフィリピンもその影響により離婚するには裁判所で婚姻無効の申し立てをして認めてもらわなければなりません。

0

9位のフランスは複数の離婚方法があります。
①破綻離婚:6年前から別居の事実がある場合。
②精神病離婚:配偶者の精神が6年前から病んでしまっていること。夫婦の共同生活も存在せず、将来においても回復の兆しがない場合。
③重罪判決による離婚:殺人等の10年以上の懲役がある重罪を受けた場合。
④過失離婚:夫婦の一方が結婚にまつわる義務を著しく怠ったとき、または繰り返し守らず、それにより他方が共同夫婦生活を継続することが不可能である場合


それぞれ独自の離婚に関する法律があります。
日本は離婚率こそ低いですが手続き的にはもっと難しい国もあるのでこれからも増えていく傾向にあると思います。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by