まとめ

タグ:

タグを付ける

2017.04.12 WED 10:29:20   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

102

0

突然の事故!~交通事故にあったら?~

出典:localfile_jiko_car.png

ABOUT AUTHOR

0

交通事故に遭ったら?

0

交通事故は誰にでも起こるかもしれない身近な問題です。

そんな交通事故にもし突然遭ってしまったら一体どうすれば良いのでしょうか?

0

負傷者の救護活動

0

まず第一に優先すべきことは「負傷者の救護活動」です。
これは道路交通法に定められている義務で、怠ると処罰の対象となります。
自身で運転される場合も、同乗の場合でもこのことは頭においておきましょう

0

負傷者の救護を怠り、現場から去った場合、救護措置義務違反また、危険防止義務違反とし5年以下の懲役、または50万以下の罰金が科されます。

0

危険防止の措置

0

第二に危険防止の措置をしなければなりません。

具体的にしなければならない内容とは、事故の続発を防ぐためハザードランプ等設置し、他の車に事故の発生を知らせます。
その他危険と思われるようであれば事故車両を移動したり事故で破損し散乱してしまった部品を片付けたりです。

0

この危険防止措置を怠っても懲罰の対象となります。

0

ちなみに救護活動と危険防止措置は、死傷事故の場合は運転者が懲罰の対象となり、死傷事故以外だと運転者および搭乗者も懲罰対象となります。

0

警察への届け出

0

第三に警察への届け出(通報)を行なってください。

0

人身、物損に関わらずどんな小さな事故だったとしても報告しなければなりません。
怠った場合、事故の当事者対象で懲罰があります。

0

交通事故に遭った場合、第1に「負傷者の救護活動」、第2に「危険防止の措置」、第3に「警察への届け出」を行ってください。人命救助が第一ですが、事故の大小にかかわらず、警察への連絡はきちんと行っておきましょう。これは交通事故の加害者側だけではなく、被害者側の義務でもあります。

そして、今後のために、相手の免許証や連絡先、車両の登録番号、相手の任意保険の保険証も確認しておきましょう。また、交通事故の目撃者がいれば、後々紛争に発展した場合に証人になってくれる場合に非常に有効ですので、連絡先を聞いておくとよいでしょう。さらに、加入している保険会社には、事故処理が終了した後、速やかに届けることが必要です。
この時、自分自身が加入している保険の内容についても確認しておくことをお勧めします。相手に100パーセント非があり、自分自身には全く過失がない場合でも特約が使える場合や、同居の家族等の一定の要件を満たした親族の名義であれば保険が使える場合もあります。

0

負傷した場合

0

病院に運ばれた場合で、少しでも違和感がある場合は、その部位についてはCT、MRIまでの撮影を行っておく方が良い場合もあります。

0

交通事故の場合、外傷がなかったとしても後に症状が悪化するなどする可能性もあり、後遺症障害認定を受ける必要がある場合もあります。
もしこの時、事故直後の負傷画像等がなければ、それを理由に交通事故との因果関係を否定されるケースもあるので撮っておくことに越したことはありません。

0

交通事故解決は被害者と加害者の当事者間だけでも交渉を行うことはできますが、時としてどうしても双方感情的になったり、保険会社が介入してきた場合の交渉など、対等に交渉をするために弁護士に依頼するのもよいでしょう。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by