まとめ

2017.06.25 SUN 06:12:11   通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0

83

0

車の走行距離と査定額の関係

出典:farm5.staticflickr.com/4231...

車の走行距離と査定額の関係

ABOUT AUTHOR

0

走行距離を重視する理由は?

0

車査定時に査定士が見ているポイントは、「車の状態」「年式」「グレード」「走行距離」が挙げられます。その中でも特に、「走行距離」が重視されています。理由は、車の寿命を把握できるからです。

車も乗り続けていることで部品が消耗していき、寿命は短くなります。走行距離が長い車だと、その分残りの寿命が短くなってしまうので、売れにくくなります。なので、査定の際に提示される金額も低くなってしまいます。

では、走行距離が長い車を、なるべく高く売る方法はあるのでしょうか?

0

走行距離の目安

0

走行距離は、1年間で1万kmを目安として、それより多いか少ないかという点がひとつのポイントになります。5年で3万kmだと「短い」、7万kmだと「長い」となります。

しかし、短ければいいというものでもありません。例えば、10年で走行距離がわずか2万kmの車でも、高額査定が期待できるということではないのです。

車はある程度動かすことで、コンディションを維持できるので、あまりにも動かさないで放置していると、ゴムが劣化して切れやすくなったり、サビが発生したりします。サビは一度発生すると完全になくすことが難しく、状態によっては交換する必要もあります。

0

走行距離が長いと売れなくなる?

0

累計で5万kmを超えると「多走行車」、10万kmを超えると「過走行車」になります。しかし、現在のエンジンの性能を踏まえると、10万km走った程度で壊れることはありません。たとえ、20万kmや30万kmを走っても、問題なく使用できる車も数多くあります。

過走行車を少しでも高く売りたいなら、知っておくべきポイントがあります。

最初に、タイミングベルトなどの消耗品のメンテナンスを忘れないこと。エンジンにおいては10万kmを超えても壊れることは少ないのですが、タイミングベルトは10万kmも走れば劣化が激しくなるので、交換した方が良いでしょう。これを交換するかしないかで、その後の車の寿命が大きく変わり、査定額にも影響してきます。

また、下取りには出さないことが重要です。ディーラーの下取りでは、過走行車はまず値がつかないと思っていいでしょう。海外への販売ルートを持っている業者へ査定に出すことで、少しでも高く売るのが可能となります。

インターネットの一括査定サービスを利用すれば、自分で探すよりも効率的に海外への販売ルートを持つ業者を見つけることができます。ぜひ利用してみて下さい。

このまとめへのコメント (0件)

投稿者:

コメント

※現在設定している画像は削除されます
※アップロードされた画像はDrillSpin/DrillSpinParkにて公開されます

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

運営会社

Close it

powered by
    This product uses the Flickr API but is not endorsed or certified by Flickr.
      powered by